巻き爪・陥入爪

巻き爪は爪が丸くなって曲がった状態をいい、陥入爪は爪が皮膚に食い込んで痛みが生じる状態をいいます。
陥入爪になると、爪が食い込んでできた傷に、細菌が感染して赤く腫れたり、肉芽と呼ばれるできものができたりします。
原因としては、深爪、合わない靴を履いていること、外反母趾などがあります。

治療

巻き爪の場合、陥入爪に進行しないように爪のケアを行うことが重要です。爪は四角い形に切るようにして、深く切り過ぎないようにしましょう。
巻き爪自体を矯正するためには巻き爪用クリップ(自費診療)が有効な場合があります。
陥入爪の場合、爪と皮膚の間にコットンを詰めるコットンパッキングや、テーピングによって爪の食い込みを防ぐ処置を行います。
既に感染が起きている場合は抗菌薬の内服や外用を行います。
肉芽が生じている場合には、液体窒素による凍結療法を併用することがあります。