ニキビ

ニキビは毛穴を中心として起こる炎症性疾患です。皮脂のつまりが原因となるため、皮脂の分泌が多い思春期頃の顔、胸、背中に好発します。
毛穴に皮脂が詰まってくると、白いぷつぷつした皮疹(面ぽう)として見られ、その中にニキビ菌(アクネ杆菌)が増殖してくると、炎症を起こし赤いニキビとして見られるようになります。

治療

炎症のない面ぽうに対しては、アダパレン(ディフェリンゲル)、または過酸化ベンゾイル(ベピオゲル)の外用を中心として、保湿、スキンケアを行います。
炎症を伴うニキビに対しては、面ぽうの治療に加えて、抗菌薬の外用を併用します。炎症が強い場合には抗菌薬の内服を行うこともあります。

日常生活での注意点

洗顔は1日2回、洗顔料をよく泡立てて、手で優しく洗い、十分な水で洗い流してください。手で強くこすると、刺激になり余計悪化する原因になります。洗顔料はニキビ用のものをお勧めします。乾燥が気になる場合には、洗顔後に保湿剤を塗ってください。
メイクをしている場合には、まずクレンジングをしてきちんとメイクを落としましょう。その後に必ず洗顔料で洗顔をしてください。
食事は、何かを制限するのではなくバランス良く摂ることを心がけましょう。チョコレートやケーキ、ピーナッツなどの食品がニキビを悪化させるイメージを持つ人もいますが、必ずしも原因とは言えないことが分かってきています。特に思春期の場合は、成長期でもありますので過度に食事を制限したりすることは避けましょう。
睡眠不足や昼夜逆転の生活はニキビを悪化させます。できるだけ規則正しい生活を心がけましょう。
化粧を禁止する必要はありませんが、ニキビの上にファンデーションやコンシーラーを厚く塗り重ねることは避けましょう。化粧品は「ノンコメドジェニック」と記載されているものをお勧めします。面ぽうができにくいことが確認されたものですので比較的安心して使用できます。