とびひ

皮膚に細菌が感染することで、全身に水ぶくれやかさぶたが生じる病気です。子供に多く、虫刺されやあせものひっかき傷や、小さなケガから細菌が入り込んで感染します。

治療

抗菌薬の外用と内服を行います。かゆみがあって引っ掻いてしまう場合にはかゆみ止め(抗ヒスタミン薬)の内服を併用することがあります。

日常生活での注意点

病変部は石けんを泡立てて毎日やさしく洗うようにしてください。湯船には入らず、シャワーを浴びるようにしましょう。病変部をいじることは避けましょう。
病変部をガーゼや包帯できちんと覆っていれば、基本的に幼稚園や学校を休む必要はありません。ただし、自分の病変を悪化させたり、他人にうつす恐れがあるため、プールや水泳は治るまで禁止してください。