おむつかぶれ

おむつが触れている部分に起こる皮膚炎です。
皮膚が赤くなったり、小さなぶつぶつができたりします。症状が強くなると、水ぶくれやただれが生じることもあります。
原因としては、尿や便による汚れ、おむつ自体のこすれ、おしり拭きの刺激などがあります。

治療

ワセリンや亜鉛華軟膏を塗って皮膚を保護します。炎症が強い場合には非ステロイド性抗炎症薬の外用や、弱いステロイドの外用を行います。
おむつ交換はこまめにしましょう。サイズの合わないおむつは擦れて刺激になるため、サイズの合ったもの、通気性の良いものを選びましょう。
便がゆるい時はぬるま湯で洗い流すのがベストです。おしりの下に吸水シートを引いて、ペットボトルに穴を開けたものや、子供用の小さなじょうろで流すと便利です。石鹸やボディソープは何回も使うと刺激になるため、入浴時以外はぬるま湯のみで洗い流しましょう。
洗浄後はゴシゴシ擦らずに、タオルで押さえるようにして水気をふき取ります。水気が残るとおむつの中で蒸れて悪化することがあります。おしりを乾かしてから保湿剤や処方されたお薬を塗って、おむつを履かせてください。